インプラント

インプラントとは?

d

不幸にも歯を失ってしまったら・・・
従来はブリッジや義歯(取り外しの入れ歯)で歯を補填してきましたがインプラントはアゴの骨にチタンのインプラント体(人工歯根)を植立して人工の歯冠を固定します。

インプラント
骨内のインプラントに人工歯冠を直接固定します。
インプラント治療は応用範囲が広く、一本だけ歯を失った方から一本も歯がない方(総義歯)まで様々な状態に対応できます。

 

インプラント以外の方法は?

ブリッジ(固定式)にするためには他の歯を削らなくてはなりませんし、入れ歯(取り外し式)は装着感や見栄えが悪く、取り外して清掃するわずらわしさも欠点です。
インプラント治療によりこれらの欠点は改善でき、使用感はご自分の歯とほとんど変わりません。

 

ブリッジ(両隣の歯を削らなければいけません)
他の歯を削って橋渡し(ブリッジ)した人工歯冠をセメントで装着します。
インプラント治療は応用範囲が広く、一本だけ歯を失った方から一本も歯がない方(総義歯)まで様々な状態に対応できます。

義歯(取り外し式)
取り外し式の義歯は他の歯に金属のバネを掛けて固定します。
前歯だとバネが見えてしまい審美的ではありません。

 

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療法には大きく分けて一回法(一回の手術)と二回法(一次手術、二次手術)があります。

また、使用するインプラント体も多くの種類がありますので患者様の歯とアゴの骨の状態とご希望(治療期間等)により最適な方法を選択します。

当院では主にノーベルバイオケア社インプラテックス社製を使用しています。

*実際にはインプラント治療を単独で行うことはありません。
歯周病治療を基本にした総合治療のオプションとして他の治療と並行して行います。
ここではインプラント治療について詳しく説明します。

 

一回法(一回の手術)

1.診査

少数歯欠損など簡単なケース:
通常の口腔内の診査・レントゲンにて治療計画(治療期間、方法、治療費用)の提示が可能です。

 

多数歯欠損や難易度が高いケース:
インプラント治療の診断と治療計画をより精確に行うために通常の診査に加え医科用CTで撮影し歯科用に3D処理した画像にてシミュレーションを行います。
医科用CT撮影・シムプラントによるシミュレーション
»シムプラントHP

 

2.治療計画の説明・相談
インプラント治療のリスク、インプラント以外の治療法、治療期間、治療費用などの説明をします。
難易度の高いケースは数パターンの治療計画を立案しますので何度も治療計画の相談と検討を重ねます。

治療計画書はプリントしてお渡しできます。

 

3.インプラント埋入手術(一次手術)

顎の骨に専用のモーターとドリルで穴を形成しインプラント体(人工歯根)を植え込みます。

 

4.型取り(印象)

インプラントに専用のピンを固定してシリコンで型を取り、歯科技工士さんが人工歯冠を作製します。

 

5.上部構造装着

インプラントに人工の歯冠をスクリューで固定します。歯冠はセラミック製、ハイブリッドセラミック製、金属製等から選びます。

 

 

二回法(一次手術、二次手術)

1.診査

少数歯欠損など簡単なケース:
通常の口腔内の診査・レントゲンにて治療計画(治療期間、方法、治療費用)の提示が可能です。

 

多数歯欠損や難易度が高いケース:
インプラント治療の診断と治療計画をより精確に行うために通常の診査に加え医科用CTで撮影し歯科用に3D処理した画像にてシミュレーションを行います。
医科用CT撮影・シムプラントによるシミュレーション
»シムプラントHP

 

2.治療計画の説明・相談
インプラント治療のリスク、インプラント以外の治療法、治療期間、治療費用などの説明をします。
難易度の高いケースは数パターンの治療計画を立案しますので何度も治療計画の相談と検討を重ねます。

治療計画書はプリントしてお渡しできます。

 

3.インプラント埋入手術(一次手術)

顎の骨に専用のモーターとドリルで穴を形成しインプラント体(人工歯根)を植え込みます。

 

4.二次手術(二回法インプラント)

歯肉を切開してヒーリングアバット(歯肉を貫通する)を装着します。

 

5.型取り(印象)

インプラントに専用のピンを固定してシリコンで型を取り、歯科技工士さんが人工歯冠を作製します。

 

6.上部構造装着

インプラントに人工の歯冠をスクリューで固定します。歯冠はセラミック製、ハイブリッドセラミック製、金属製等から選びます。

 

 

 

実際の治療例

インプラントを利用した治療(補綴)は成功率が高く、長期間にわたり安定した機能を維持できます。
またインプラント体や治療技術・材料の進歩に伴い、以前は難しかった前歯の審美的治療やアゴの骨が少ない場合の対処法(*GBR法)や、治療期間を短縮(*抜歯即時埋入、*即時負荷)する方法も成果を上げています。

治療方法もたくさんのバリエーションがあり、部分的な欠損(1歯~数歯)から全歯欠損(総入れ歯)までほとんどのケースに対応できます。

 

部分欠損例:(一部分の歯がない場合)

Case1 / 1歯欠損(前歯部の審美治療例)

装着前
前歯をぶつけて一本抜きました。両隣は自分のきれいな歯なのでインプラントで治療しました。
【インプラント上部構造装着前】
両隣の歯は削っていません。

 

装着後
インプラントに上部構造(メタルボンドクラウン)を装着して治療終了です。
【インプラント上部構造装着後】(治療終了)

 

Case2 / 多数歯(2本以上歯がない場合)
人工歯根(インプラント)を2本以上植え込みブリッジや連結冠を固定します。

 

術前
歯周病で上の臼歯部4本抜歯しました。現在は取り外しの義歯を使用しています。
インプラント診査のための歯科用レントゲンです。

 

インプラント埋入手術後
インプラント手術後の確認のためのレントゲンです。

 

術後
インプラントブリッジを固定して治療が終了しました。
治療後はご自身の歯と同じに使えます。治療期間は約5ヶ月。

 

全歯欠損例:(歯がほとんどない場合)

Case3 / 固定式、フルブリッジタイプの治療例
固定式のブリッジですので使用感はご自身の歯と変わりません。4本~8本のインプラントが必要です。

 

治療開始時
4本の歯で入れ歯を支えていましたが、歯根が割れてしまいました。割れた歯根は抜歯しなくてはいけません。抜歯後は歯が一本もない状態になります。
4本のご自身の歯が残っています。残った歯にバネを掛けて義歯を使用していましたが根が割れて歯の周りが化膿しています。

 

治療中
抜歯後にインプラントを埋入して固定式のブリッジを作ります。このケースでは6本のインプラントを使用しました。
フルブリッジをインプラントに固定して治療終了です。ほとんど自分の歯と同じに使用できます。

 

治療終了
インプラントとブリッジをセメントで固定しました。

 

取り外し式、アタッチメント義歯の治療例
取り外し式ですがインプラントと義歯の固定にアタッチメCase 4 可撤式(アタッチメント義歯)ントを利用するため、従来の入れ歯のように使用中に外れてしまうことはありません。2本のインプラントで可能ですので顎の骨の条件が悪い人にも応用でき治療費も比較的安価です。

 

治療前
以前より部分義歯を使用していますが、バネを掛けた歯が次々にダメになってしまいます。その度、抜歯と義歯の修理をしたので義歯もツギハギで見栄えも良くありません。
4本のご自身の歯が残っています。残った歯にバネを掛けて義歯を使用していましたが根が割れて歯の周りが化膿しています。

 

治療後
悪い歯を抜歯して、インプラントを利用したアタッチメント義歯にしました。従来の総入れ歯のように使用中外れたり、ずれたりすることはほとんどありません。
フルブリッジをインプラントに固定して治療終了です。ほとんど自分の歯と同じに使用できます。

 

アタッチメント義歯について
アタッチメントもたくさん種類があります。このケースではボールアタッチメントを使用しました。
インプラント2本にボールアタッチメントを使用して義歯を着脱します。義歯内面にボールを受けるアタッチメントを装着します。

 

 

実際の治療計画

インプラント以外の方法との比較、顎の骨や噛み合わせなどのお口の状態、患者様の希望、治療期間と治療費用、治療のリスクを説明・相談した上で決定します。

難しいケースでは途中で治療方法を再検討し変更する場合もあります。